Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommend
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア野菜のABC(アービーチー) (JUGEMレビュー »)
長本 和子
イタリア野菜が写真入りで紹介されていて、とっても綺麗。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アオスタ滞在記
0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    ヴァッレ・ダオスタはイタリアの北部に位置し、20州の中で一番小さな州です。
    アオスタの渓谷(ヴァッレ)という州の名前の通り、四方を山々に囲まれています。
    モンテビアンコ(モンブラン)やチェルヴィーノ(マッターホルン)への起点の街として、夏はトレッキングをする方、冬はスキーをする方で賑わっています。

     

    緯度が高いためオリーブが育たず、バターや乳製品を使用したお料理が多いのも特徴です。
    フランスとスイスと国境を接しているため、イタリア版チーズフォンデュ(フォンディータ)が郷土料理として有名です。

     

    ヴァッレ・ダオスタの州都アオスタに行くには、ミラノ空港やトリノ空港からはバス便。
    ミラノからは電車やバスを利用して行くことが出来ます。
    私はトリノ空港からバスを使用したのですが、ネットで予約が出来て(SAVDA http://www.savda.it/)Torino Porta Susa f.s.で1回乗り換え、約3時間でした。

    乗換は、5番で降りて13番から乗車します。

     

     

    ここがアオスタの中心地シャノー広場。市役所や有名なホテルがあります。

    四方を山に囲まれているので、山が迫ってくるような迫力があります。

     

     

    小さな街なので徒歩で観光も可能で、ローマ時代の遺跡も点在していました。

    私が行った11月は閑散期だったため、長期休暇に入っているレストランが何件かあったり、ケーブルカーも動いていなかったのが残念でしたが、
    それなりに楽しむ事が出来ました。

     

    山の景色を期待してホテルは6階建てのHOTELアオスタを選んだのですが、4階の部屋からの景色はなかなかでした。

     


    ここのホテルは朝食も美味しくて、日替わりで手作りのケーキが並び、スプマンテも置いてありました♪

     

    苦労して探したお料理教室(Cesane)の様子はこちらのインスタグラムをご覧くださいね。

     

    先月は習いたてのお料理をご紹介しましたが、頑張ってアオスタに行って良かったです(^^♪

    posted by: piano-piano | 2018スペイン・イタリアの旅 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |