Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア野菜のABC(アービーチー) (JUGEMレビュー »)
長本 和子
イタリア野菜が写真入りで紹介されていて、とっても綺麗。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
面白い燻製屋さん
0

    JUGEMテーマ:グルメ

     

    先月のTV番組で紹介されていた川崎にある「スモークハウス広工房」。

    自作したリンゴの新枝のチップを使用して、燻製器まで手作り。

    ダンナととても興味を惹かれていたのですが、

    昨日偶然に二子玉川ライズの催事「東北うまいもの」で見かけました!

     

    店主の方がとても個性的な方で、「TVを見ました〜!」

    と言ったら、色々試食させてくれ、

    あれもこれもと色々買ってしまいました。

     

     

    手前がTVで紹介されていたブルーチーズ

    左がべったら漬け

    奥がすじこ

    右がマグロ

     

    珍しいものばかり。

     

    マグロはシチリアのマグロの生ハムに似ていたので、

    イタリア風にパンに載せてオリーブオイルを振りかけて食べてみようと思っています。

     

    ブルーチーズは自宅の冷蔵庫で熟成させると旨み倍増だとか。

    べったら漬けはいぶりがっこ的なお味。

    写真に撮り忘れましたが、お醤油もまろやかで美味しかったので購入。

     

    なぜ東北のイベントに川崎のお店が出店しているのかが不思議だったのですが、

    燻製に使用しているサバなどの食材が東北の物だとか。

    普段販売していない食材が沢山あるようなので、

    興味がある方は是非〜

    今日までの出店でーす。

     

    posted by: piano-piano | 食材 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お勧めのチョコレートスプレッド
    0
      先月のレッスンでクロスタータに使用したアプリコットジャムは美味しかったですね♪

      同じメーカーでヌテッラの大人味?バージョンがあって、最近の私のお気に入りです。



      ラベルが白のタイプはたまプラーザ東急百貨店にも売っているのですが、こちらの方が「牛乳不使用」とあってお味が濃厚。
      麻布十番のビオセボンでしか見かけたことは無いのですが、もし見かけたら是非お試しくださーい♪♪
      posted by: piano-piano | 食材 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      グリンピースクリーム
      0

        JUGEMテーマ:グルメ

         

        先月ご紹介したグリンピースクリーム、とても手間がかかりましたが「甘くて美味しい!」と大好評で嬉しい限りです(^^♪

         

        実は私、子供の頃はグリンピース嫌い。

        「ボソボソ」した食感が苦手で、グリンピースご飯から丁寧に豆を取り除いて食べていました。(〃▽〃)

        ボソボソ食感つながり?!で、あんこも粒あんが苦手でした。

         

        生徒さんや生徒さんのお子さんも苦手な方が多いようでしたが、そのせいか最近は莢付きのグリンピースがなかなか売っていないですよね〜

        その反面スナップエンドウを沢山見かけるようになりましたが、

        スナップエンドウ、キヌサヤ、グリンピース、さらに豆苗まで同じ仲間とは知りませんでした。

         

        私はご近所のセレサモスから仕入れたのですが、購入する単位が圓砲覆辰討靴泙Δ里如

        特別にお願いして鹿児島産も取り寄せて頂きました。

         

         

        でも、折角川崎産も販売されている時期だったので、川崎産のものも必ず混ぜてご試食頂きました。

        地産地消、大切ですよね〜

         

        手前は飾りに使用したトマト「フラガール」。

        初めてお目にかかった品種でしたが、種がゼリー状で果肉も甘みたっぷりで美味しかったですね。

         

        参考までに、私がトスカーナで食べたお皿はこんな感じでした。

        先月は盛り付けも含めてこれを目指して頑張りました!

        いかの種類が違ったので、ボリューム感はちょっと違うかな・・

         

        莢付きのグリンピースが見つからなかった時は、枝豆でも美味しく出来たという声を生徒さんから頂いていますので、どうぞお試しくださ〜い。

         

        posted by: piano-piano | 食材 | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        国産のブラッドオレンジ
        0
          今月のレッスンでお出ししている国産のブラッドオレンジ。
          愛媛で作られていますが、なかなか入手するのが難しいですよね〜

          レッスンでは購入可能な店舗を紹介しましたが、今日二子玉川に行ったら、明治屋でも販売されていました。



          3個で539円でした。

          ブラッドオレンジは2つの品種が栽培されていて、モロ種は2〜3月、タロッコ種は3〜5月が旬になります。
          まだ1ヶ月楽しめますので是非サラダを作ってみて下さいね♪
          posted by: piano-piano | 食材 | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          幼虫グミ?!
          0
            ダンナの出張みやげ

            幼虫グミ



            超リアル…

            青森の三沢空港でしか売っていないようです。

            動物嫌いの私は触るのもはばかれる感じですが、
            勇気を出して



            ところが、
            食べてみるとカルピス味でなかなかいけます!

            クセになりそうです。

            posted by: piano-piano | 食材 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            緑区の農家さん 佐藤農園(野彩家)
            0

              JUGEMテーマ:グルメ

               

              年末年始をゆっくり過ごしてしまったので、ブログの更新も滞ってしまいました。

              色々書きたかった事はありますので、更新していきますね。

               

              まずは前回のブログに書いた緑区で西洋野菜を作っている農家さんをご紹介します。

               

              12月のレッスンに間に合わなかったのは残念でしたが、クリスマス前に十日市場にある直売所「野彩家」に行ってきました。

               

              横浜線の十日市場駅から徒歩2分ぐらい。

              ちょと見落としてしまいそうな入り口です。

               

              お店の中はとっても素敵でした。

               

              西洋野菜は、ポロねぎやチコリ系の数種類の葉野菜やハーブ、などなど。

              もちろん日本のお野菜やお米も沢山販売されていました。

              直売所だけあってお値段もお手頃でした。

               

              新聞に出ていたプンタレッラがなかったので聞いてみた所、奥から可愛らしいお嬢さんが出てきてくれて色々説明してくださいました。

              お父様のお手伝いをして、数年前から農家に転身されたとか。 素晴らしい!

               

              プンタレッラは佐藤農園さんでは12月中旬ぐらいで生産は終わってしまったとの事でした。

              残念! 

               

              折角伺ったのでリゾット用の粘り気が少ないお米、ラッディッキオ・トレヴィーゾと自家製の柚子胡椒を購入したら、

              「良かったら味見をしてください!」

              と裏からカステルフランコ、フェンネル、ルタバカなどのお野菜をだしてくださいました。

               

               

              右端手前にあるのがルタバカというお野菜ですが、名前を聞くのも初めて。

              煮こむとジャガイモみたいにホクホクするんですよ〜、と教えてもらったのでさっそくシチューに入れてみました。

              見た目もクリーム色でジャガイモっぽい感じでしたが、煮崩れることもなく扱いやすかったですよ。

               

              この中で私のお気に入りはお米!

              日本ではイタリアの品種をそのまま栽培してはいけないらしく、日本で色々かけ合わせたホシニシキという品種らしいです。

              赤ワインのリゾットを作ってみたら、粘り気が少なくて、でもイタリア米よりも甘みがあるのでとても食べやすく美味しかったですよ〜

              今年はこちらを使用してリゾットをご紹介しようと思います。

               

              そしてクリスマス・イヴの朝、佐藤農園のお嬢さんから素敵なクリスマス・プレゼントが。

              「最後のプンタレッラが少し残っていたので、良かったら取りにいらっしゃいませんか」と。

               

              プンタレッラを割くお道具を携えて、お言葉に甘えて伺ってしまいましたぁ。

               

               

              パスタにしても美味しいという事なので、今年の11月ぐらいのマンマのレッスンでご紹介しようと思っています。

              ズッキーニの花も取りに来てくれたらお分けできますよ〜、という事なので、今後も楽しみです♪

               

               

              直売所「野彩家」の営業日は、火・水・金・土 11:00〜(日暮れまで)

              緑区の区役所の直売所「ぷかぷか」は毎週火、木 10:00〜

              ときどき横浜北仲マルシェにも出店されているそうです。

               

              ちなみに、区役所の直売所にはあまり西洋野菜は出荷していないそうですよ。

               

               

              posted by: piano-piano | 食材 | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              新しくオープンしたフランス系食材店
              0

                JUGEMテーマ:グルメ

                 

                先月のレッスンでも話題になっていましたが、フランスの冷凍食品専門店「ピカール」が青山にオープンしましたね。

                以前幕張本郷のイオンの隣にお店があったときに2度ほど訪れたことはあったのですが、今度はイオンとは離れて路面店としてオープンしたようです。

                 

                1号店は表参道の骨董通り。

                オープンした週の平日の夕方に行ってみましたが、入場待ちが5人ほど。

                2,3分待ちで入店できましたが、お店が狭く品数もずいぶん少なめ。

                さらに空になっている商品も結構あって、少し残念な感じでした。

                 

                レッスン用にフランスパンと、私の勉強用にコンテチーズとズッキーニのフランのお惣菜を購入。

                 

                パンは粉の味がして、結構美味しかったです。

                フランもなかなかでしたよ。

                 

                先週の週末に友達が食事に来ることになっていたので、2店舗目となる中目黒店に行ってみたのですが、

                なんと!

                商品が売れすぎて在庫が確保できないため、来年の1月までオープンが延期になっていました。

                 

                本当は3店舗目となる麻布十番店は先週金曜日にオープンしたのですが、お隣にこれまたフランス系のBIO食材や野菜が売りの「Bio c' Bon」のお店も同時オープン。

                過去レッスン用のワインとクスクスを買いに麻布十番のNISSINに行こうと思っていたので、ついでに寄ってみました。

                 

                 

                ピーコックストアがあった場所でした。

                中は2店舗つながっていて、ピカールは青山店よりも広くて品数も豊富でした。

                 

                開店祝いで振舞い餅が配られていたので、頂きました〜♪

                 

                お店の名前とマスコットが書かれた海苔が可愛いですね〜

                 

                 

                お餅は黒米が入っていて、さすがBIOのお店、お味もとっても美味しかったです。

                 

                フランス系なのでクスクスは絶対あるはず、と探しても見つからず、店員さんに聞いてみたら量り売りで売られていました。

                全粒粉で作られたものでしたが、日本で食べたクスクスの中で一番美味しいような気がします。

                お野菜は国産の一般的な物が多く、西洋野菜などの目新しいものがないのが残念でしたが、お惣菜などもそんなにお高くなかったので、BIO食品を求める方には良いお店だと思います。

                 

                 

                posted by: piano-piano | 食材 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                イタリアでウナギを食べてきました
                0

                  JUGEMテーマ:グルメ

                   

                  明日は土用の丑の日ですね。
                  今回の旅で念願のウナギを食べてきたので、ご紹介します。

                   

                  イタリアでウナギが採れるので有名なのはヴェネト州のコマッキオ。
                  今回ヴェネトに立ち寄るのでコマッキオにウナギを食べに行こうか迷っていたのですが、
                  交通手段が良く分からなかったので諦めていました。

                   

                  ところが、
                  エミリア・ロマーニャに近いヴェネト州にお住いの素敵なご婦人がウナギを食材にしたお料理を教えてくださる事になり、楽しみに伺いました。

                   

                  今までのイタリアのウナギ料理のイメージは、ぶつ切りにしてトマトソースで煮込む。
                  もしくは「イタリア好き」というフリペーパーで見た、日本と同じく開いて炭火で焼く。
                  というものでした。

                   

                  今回習ったウナギ料理は2品。
                  前菜は小ぶりなウナギの姿揚げ。
                  骨まで食べられるように低温でじっくり揚げていきます。

                   

                   

                  身がウワフワでとても美味〜♪
                  生臭さも全くありません。

                   

                  そしてもう1品はウナギとナマズを使ったピラフ的なお米料理。
                  「淡水魚のピロタ風リゾット」Risotto alla pilota col pesce di acqua dolce

                  まずウナギとナマズでだしを取ります。

                   

                   

                  ウナギは頭のところで切れ目を入れて血抜きをしている感じ。

                  そして内臓がとってあるので、家では流水で洗い流すだけ。

                   

                   

                  ナマズも内臓を取ってある感じです。

                  実物は初めて見ました・・

                   

                   

                  水からじっくり煮だしていきます。


                  そのだしでお米を炊いていきます。
                  だしを取った後のウナギとナマズは、皮と骨を外して身をほぐしてフライパンで味付け。

                   

                   

                  そして炊けたお米に混ぜて出来上がり。

                   

                   

                  リゾットといっても水分は全くなく、炊きこみご飯のような仕上がりです。

                   


                  ナマズはウナギより脂が少なくあっさりした感じ。こちらも臭みなんて全くなく、美味しく頂きました。


                  日本ではウナギの収穫量が減ってきたためナマズで代用するという試み(既にスーパーで販売されていますね)があるようですが、
                  イタリアでウナギとナマズを食べてこられたなんて、ちょっと貴重な体験でした。

                   

                  日本では夏によく食べるウナギでですが、イタリアでウナギが採れる地方では、クリスマス・イヴにも食すのだそうです。

                   

                   

                  posted by: piano-piano | 食材 | 19:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  水牛のモッツァレッラが超美味! おすすめのイタリア食材店「Dolce Vita」
                  0

                    JUGEMテーマ:グルメ

                     

                    最近のお気に入り食材 水牛のモッツァレッラ

                     

                    今月のレッスンでパニーニに挟んでお出ししていますが、オリーブオイルをちょっとたらしておつまみで食べるだけでもGood!

                    神楽坂のイタリア食材店「Dolce Vita」で扱っている商品です。

                     

                    このお店は販売している商品(チーズ、ワイン、ペーストなどの瓶詰商品)すべてが試食、試飲できるという素敵なお店。

                    輸入商社のアンテナショップなのでお値段もお手頃です。

                     

                    今は先月レッスンでご紹介したアルバ産の黒のサマートリュフが1つから購入出来たりします。

                    しかも私が問屋から仕入れた値段よりもお安い!  びっくりです!!

                     

                    今週行われているシチリアのトラーパニ(昨年特別レッスンをして頂いたレイさんが住んでいる街です)のワイナリーのイベントがとても楽しそうなんです。

                    ワイナリー専属のシェフが作ったお料理を試食しながら、そのお料理に合わせたワインの試飲。

                    マリアージュの勉強をして、レシピも頂ける。  しかも無料!!

                     

                    私は水曜日に申し込みましたが、興味のある方は参加されては如何ですか?

                    詳細はDolce VitaのFacebookの7月23日を見てくださいね。

                     

                    お店の回し者みたいな記事でした。

                    posted by: piano-piano | 食材 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    そら豆とファーベを収穫してきました!
                    0
                      JUGEMテーマ:グルメ

                      ファーベの収穫体験、行ってきました!
                      梶ヶ谷の駅から徒歩5分ぐらいの場所に畑と素敵な古民家がありました。



                      一緒に収穫体験された方が写ってしまったので、ちょっとぼかしを入れさせて頂きました。
                      建物の中には囲炉裏もあって、とても素敵でした。

                      畑自体はあまり広くないようですが、半分近くがそら豆(その内手前の1/4ぐらいがファーベ)。


                      葉の形は同じような感じでしたが、ファーベの方が背丈を大きく育てているようです。

                      畑の端っこに野生のフェンネル(球根は無く、葉っぱだけ。鰯のパスタなどに使います)やローズマリーが植えられていました。


                      収穫方法は簡単。
                      根っこからすべて取って、後からさやを取り外してかごに入れていきます。


                      ファーベの莢は細くて柔らかいので、枝から外す時にさやを折ってしまいそうになったり、そら豆よりちょっと難しかったです。

                      ファーベの花も残っていました。

                      白いお花なんですね〜

                      16グループで約1時間ほどかけてすべてのそら豆とファーベを収穫しました。
                      母屋に戻ったら収穫したものをすべて持ち帰らせて下さるようで、ビニール袋に同じぐらいの量になるように袋詰め。


                      1グループそら豆が2袋とファーベが1袋。
                      いやいや、こんなに頂けるとは。。
                      体験料が1000円なのが申し訳ないぐらいです。

                      そして試食までありました。


                      そら豆は塩ゆでしてありました。
                      小粒の方がファーベです。
                      キュウリのお漬物もタケノコの煮物も美味しかったです♪
                      竹林もあるので、タケノコの収穫体験もあるようですよ〜

                      梶ヶ谷のイタリアンでランチをして、セレサモス経由で歩いて帰ってきました。

                      早速頂いたそら豆の仕分け作業。


                      収穫体験は生徒さんに付き合っていただいたのでお土産は二人で分けたのですが、手前のそら豆は1袋に3垓瓩入っていました。
                      綺麗な方は明日明後日にお越しの生徒さんに強制的に?お分けしちゃいますので、お楽しみに☆

                      新鮮なうちは日本のそら豆も生食できるそうですよ。


                      右側の皮が黒くなっていない粒が若くて新鮮なので、生食向きはこちらの方。
                      粒の大きさは関係ないようです。
                      畑で採れたてのそら豆を食べましたが、ジューシーでエグミが全くなく美味しかったですよ〜♪

                      最後に日本とイタリアのそら豆を比べた写真です。

                      莢の色も皮の色もイタリアの物の方が薄いですね。

                      とても貴重な体験でした。

                       
                      posted by: piano-piano | 食材 | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |