Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア野菜のABC(アービーチー) (JUGEMレビュー »)
長本 和子
イタリア野菜が写真入りで紹介されていて、とっても綺麗。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2012VINITALYレポート 1日目
0

    2012年に初参加したVINITALYの報告です。

    今までは毎年4月に5日間ヴェローナで開催されていたのですが、今年から日程が変更されて3月25日(日)から28日(水)までの4日間に。
    1日券が 50ユーロ(ネット予約をすると45ユーロ)
    4日券が 90ユーロ(ネット予約をすると80ユーロ)

    イタリアのソムリエの資格を持っていて会員手続きをしている人には「Giornata del sommelier!」といって無料になる日があります。今回は26日(月)。

    25日(日)までレッスンが入っていたので、私が参加できたのは後半の2日間だけ。
    無料の日に該当せずに残念でした。

    初日はまずホテルから会場までの行き方が判らず、フロントの人に確認。
    無料バスが何ルートか出ているのですが、私が滞在したアレーナの近くからはブラ広場の市庁舎の前からLINEA Aが出ていました。



    会場に着くと凄い人の数。
    平日とは思えないです。



    会場はとにかく広くて、州ごとにブースが分かれています。
    一番手前の右側は「エミリア・ロマーニャ州」

    入って直ぐのカウンターではランブルスコの生産者が集まっているカウンターがあり、結構お洒落です。


    直ぐにでも試飲したい気持ちを抑えて、まずは会場を1周することに。

    なぜって・・・
    最近深酒すると記憶を無くしがちになるので、初日は試飲を控えてVINITALYの雰囲気を楽しもうと固く決心していたのでした。



    日本からウコンドリンクと生徒さんお勧めのウコンより効くらしいヘパリーゼの錠剤を持参し、準備は万全です。(笑)
    (美容グッズも持参)

    ところが、
    お隣のシチリア州のブースで試飲しちゃって・・
    私の固い決心ってば情けない。

    ピエモンテのブースでは面白いワインを発見。


    写真を撮っていたら、何故か商談のテーブルにお呼ばれされてしまいました。(汗)

    ここのカンティーナ(ワイナリー)は色々な企業とタイアップしているのですが、我が家にも空き瓶が飾ってあるアルファ・ロメオのワインもありました。


    まさか私のちっちゃなお教室がこちらのカンティーナとタイアップ出来る訳も無く、早々と退散。
    ゴメンナサイ・・



    何処のブースか忘れましたが、各国の言葉で「乾杯」と書いてありました。
    なぜか漢字では「喝采」に。 ダレが教えたんだろ〜
    ちなみにイタリア語では乾杯は「Salute! サルーテ」です。

    結局朝から頑張って回っても、全ての州は回りきれず。
    ワインだけでなくオリーブオイルや食材のブースがあったので、初日の最後はこちらへ移動。



    日本で見た事が無い太くて長〜いパスタ。
    どうやって茹でるの??



    馬肉を燻製して細く繊維状にほぐしたもの。
    ヴェローナは馬肉を良く食べるそうですが、これも有名な郷土料理の一つ。
    コンビーフの脂少なめって感じ。



    出来合いのニョッキですが、じゃがいもが多めで私好み。
    ちょっと大きめです。



    シチリアのカンノーリの試食もありました。
    現地よりも甘さ控えめで、日本人にも好まれそうな感じです。



    これはカラブリア州の「ンドゥイヤ」
    豚肉と唐辛子が入っていて、とっても柔らかいのでそのままパンに塗って食べます。
    赤い部分は唐辛子なので結構辛いですよ〜  でも、私は好き♪
    4月の郷土料理クラスはカラブリア州なので、色々説明しますね。

    オリーブオイルのコーナーではテイスティングの準備がしてありました。


    ブルーの丸いグラスが本当のテイスティングで使われるものです。
    オリーブオイルの評価は色で判断しないため、色に惑わされないようにブルーのグラスを使います。

    口直しにリンゴが丸1個置かれている所がなんとも大胆。

    ホテルに帰る前に最後の悪あがき。


    リモンチェッロのブースです。
    イタリアのレモンはこんなに大きいのですよ〜



    試飲させてもらったのは、左から

    ライムみたいなもの、レモン、メロン

    メロンチェッロが一番好きだと言ったら、奥から秘蔵?のチェリーチェッロを出してくれました。
    私は今年初めて柚子チェッロを作ってみましたが、結構美味しかったですよ。
    お友達のシェフはグレープフルーツでも美味しいといっていましたが、いろんなもので作れるのですね〜

    初日はこんな感じでした。

    posted by: piano-piano | 旅行記 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.piano-piano.net/trackback/1061145
    トラックバック