Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア野菜のABC(アービーチー) (JUGEMレビュー »)
長本 和子
イタリア野菜が写真入りで紹介されていて、とっても綺麗。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ジェノヴァで料理レッスン開始
0

    昨日からジェノヴァで料理レッスンが始まりました!

    教えていただくのは滞在しているB&Bのおばあちゃま。
    11年前にご主人を亡くされ、お子さんもいらっしゃらないのでB&Bと料理教室を始められたんだそうです。

    レッスンを申し込む時に、「日常のイタリア語会話は少し不安です・・」と旅行代理店に伝えていたら、な〜んとレッスンの時に通訳の方がいらしてくれました。
    シニョーラはジェノバの歴史やレシピの背景など色々お話してくださるので、通訳の方がいてとても助かりました。
    でも、通訳の代金はお支払いしていないんだけど良いのかしら・・・

    昨日習ったお料理です。

    1)ジェノヴァ風フォカッチャ

    とっても薄くてカリカリ。
    美味しいです♪


    2)野菜の詰め物


    野菜の詰め物は色々な所で習ったので、初日にメニューを教えてもらう時に拒否ったですが、
    「これはジェノバの伝統料理だから絶対やるの!」
    とシニョーラも結構頑固(笑)

    でもでも、
    玉ねぎの詰め物が超美味☆
    教えてもらって良かったです。
    味は新玉ねぎに似ているので、帰国後のレッスンはこれかな。

    そしてメインは

    3)スミイカとグリーンピースの煮物


    今が旬のグリーンピースを冷凍物を使っていたのが残念でしたが、これも超美味☆

    イタリアで圧力鍋を使ってお料理をされた方は初めてだったのですが、こちらのシニョーラの味付けは完璧です。
    とっても美味しいの〜♪

    あと6日間連続でレッスンを受けますが、とっても楽しみです。
    皆さんも期待して待っていてくださいね〜

    4月のレッスンはジェノヴァ料理にする予定です♪

    posted by: piano-piano | 旅行記 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ヴェローナを満喫中!
    0
      皆さ〜ん、こんにちは。

      26日に無事にヴェローナに到着し、2日間VINITALYを見学し、今日は朝からヴェローナ観光。
      お天気もとても良く(昼は20度を越えています!)、ただ今ヴェローナを満喫中です。

      食後にホテルでひと休みしているのですが、今日の観光の様子を速報で。

      まずは皆さん良くご存知のジュリエットのお家。
      有名なバルコニーと左端にジュリエット像です。





      ジュリエットへのお手紙用のポストがお家の中にありました。
      映画では家の壁に挟んでいましたね。



      こちらはロミオのお家。
      中に入る事は出来ませんが、ロミオの家の一部がオステリアになっています。

      ヴェローナの郷土料理が食べられるという事で、今日のお昼はロミオのお家で。



      ワインリストの表紙にロミオとジュリエットの絵が。
      スプマンテを頼んだらスティルワイン用のグラスで出てきました。
      炭酸はほとんど抜けていましたが、これが味わいがあって美味しかったです。
      銘柄は「Filos La cappuccina」 3ユーロ。
      2杯目は「Valpolicella Ripasso le Poiane Bplla」 これも3ユーロ。
       


      パスタはビーゴリのロバ肉のラグー。
      やさしいお味(味がしない??)。



      メインは馬肉のタルタル。
      味付けは全くしていないのでご自分でどーぞ、とオリーブオイル、バルサミコ、塩、胡椒がど〜んと置かれました。
      馬肉は全く癖がなく(味も無い・・・??)、辛子をつける食べ方が一番好きかも。
      200gぐらいありそうな量なので、途中で飽きてしまい、残しちゃった・・

      両方で16ユーロだったのでまだ許せますが、味的にあんまりお勧めできないお店でした。
      お兄ちゃんはハンサムだったんだけどなぁ〜〜
      残念!

      あと30分程休んだら午後の観光に行ってきま〜す♪

      posted by: piano-piano | 旅行記 | 15:07 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      郡上八幡に行ってきました
      0
        夏休み、皆さんはいかがお過ごしですか?
        私は先週末、ダンナのツーリング仲間と郡上八幡と奥飛騨に2泊3日で出かけてきました。

        朝6時半に東名の足柄S.Aで待ち合わせをしたのですが、渋滞に巻き込まれ、お昼には郡上八幡でおそばを食べる予定が・・・
        浜名湖S.Aでランチです。

        皆さんはシンプルにうな重でしたが、私は物珍しさに惹かれて「うなぎパスタ」に。


        麺の色は濃いですが、味はまったく?無く・・
        ついてきたわさびマヨネーズをかけると、まぁ・・ という感じ。
        うなぎもちょっと臭みがあったし、お勧めは出来ないかも。

        東海北陸自動車道に入ってからやっと渋滞から開放され、郡上八幡に4時過ぎに到着です。
        まずはお風呂で汗を流し、夕飯まで近所を散策。

        最初に発見したのは、酒屋。   相変わらず・・・


        火入れをしていない生酒を売っていたので、ビールが飲みたかったけど日本酒も。
        両手に持っているダンナ。いきなりちゃんぽんです。
        運転の疲れもあってか(私以外皆さんドライバー)ここで腰を落ち着かせてしまい、湧き水で冷やしたきゅうりを食べたりしていたら、店主の方が「いいのがあるんだよ〜」と色々試飲させてくれたり・・
        試飲以外にも市場に出回らない肉厚であまーいピーマンを食べさせてくれて、結構盛り上がってしまいました。

        この上田酒店で扱っているお酒は、水がまろやかなせいかとてもやさしいお味。
        旅の記念に「郡上踊」の免許証がラベルになった日本酒を購入。


        酒粕を練りこんだオリジナルのパスタも売っていたので、これも購入。
        パスタの袋を開けた時にほんのり酒粕の香りがするらしいです。

        お勧めの食べ方はレトルトカレーをかけるかお茶漬けの素を振り掛けるとか。
        簡単♪
        早速レトルトカレーを買ってきたので、今晩にでもチャレンジです。

        酒屋に長居してしまったのですが、とりあえずは観光もしないと。


        日本名水百選の第一号に指定された湧き水なんだそうです。


        食後はマイ浴衣に着替えて、郡上おどりへ。
        郡上おどりは、阿波踊り、花笠踊りと並んで日本三大民謡踊りのひとつで、7月中旬から9月上旬にかけて街中の会場を代えて開催され、今日13日から16日にかけては徹夜でおどり明かす「徹夜おどりが」がクライマックスになるそうです。

        私たちが行った日の会場は駅前。


        既に大勢の老若男女の輪が出来ていて、真中の山車の上では三味線や歌を歌う人が乗っています。
        踊りは10種類あって、飛び跳ねたりするので結構激しかったですよ。
        ポイントは下駄の音を鳴らす事みたいですね。
        この写真は手の動きから見て「春駒」を踊っている時かも。

        ワンピースみたいな浴衣をきて、自分たちだけで小さな輪を作って踊るグループもあったり(竹の子族(って判ります??)を彷彿させますね)、結構盛り上がっていました。

        踊りの上手そうな人を見つけて真似をしていたら、なんとなく3曲ぐらいは覚えちゃったかも。
        盆踊りって結構好きなんですよね〜

        郡上八幡はガイドブックに余り出ていなかったのでそんなに期待していなかったのですが、街中をゆっくり散策するだけでも結構楽しめました。
        翌日飛騨の高山に行ったのですが、竹下通りぐらいに混んでいて、ゆっくりと自然を堪能できる郡上八幡の方が私は好きかも。
        posted by: piano-piano | 旅行記 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        週末は「かつぬま ぶどうまつり」へ
        0
          最近日本のワインに嵌まっているわが夫婦。
          この時期ワイン関係のイベントが沢山ある中、「かつぬま ぶどうまつり」へ行ってきました。

          初めてのイベントで、しかもwebでもそれほど情報も無く・・
          とりあえず行けば何とかなる、という軽いノリで出発。

          8時に中央道の談合坂S.Aで待ち合わせをしたのですが、行楽シーズンでもないのに結構混んでいていました。
          談合坂からはあっという間(相変わらず飛ばしまくり・・)、1時間も掛からずに勝沼に到着。

          おまつりは10時開始だったので、会場の周りを車で散策です。
          「ぶどうの丘」という公共の宿が開いていたので、お土産物や地下のワインカーブを見学しました。
          このワインカーブが圧巻で、1100円で特選タートヴァン(試飲容器)を購入すれば、170種類の甲州ワインを自由に!試飲できるのです。
          流石にこれからワイン祭りで飲みまくる為、ここは次回に。

          宿にもどり、10時前にテーブルやおつまみを持って徒歩で会場に向かいました。
          15分ほどで会場に到着したのですが、既に沢山の人だかりでワインも試飲も始まっていました。
          シートを敷く場所がなかなか見当たらず、次回はもっと早く来なくては・・
          シートを敷いて荷物を置いたら、何はさて置き試飲の始まり〜

          無料の振舞い酒もあったのですが、500円でグラスを購入すると勝沼にあるワインメーカー23社のワインが飲み放題。  素敵☆


          私は白ワイン、特に甲州種からせめて行ったのですが、飲み比べるとメーカーによる違いが良く判ります。
          全体的に甲州種は薄いワインが多かったかな。

          30分ぐらい試飲した後は、とりあえず1本購入してゆっくり飲もうと言う事に。
          前回気に入った”カイノワール種”を使ったワインを購入。
          おつまみは、EATALYで購入した生ハムとたっぷり野菜のバーニャカウダ。
          自然の中で頂くワインは美味しいですよ〜♪



          3人であっ!という間に1本空け、グラスを握り締めて試飲の続き。
          途中2時間ほど意識が無くなっていたような。
          青空の下でのお昼寝は最高です(照)。
          2本の赤ワインと23社の試飲。
          まぁ〜  良く飲みました。
          ちなみに今回気に入ったワインメーカーは、大泉葡萄酒、麻屋葡萄酒、中央葡萄酒でした。

          2本目


          甲州葡萄の無料サービスもあったので、しっかり頂きました。


          16時10分から「ミラクルひかるのライブショー」があったので、こちらも堪能し、あっと言う間に夕方に。



          会場では20時までイベントが続いたようですが、流石に良い気持ちになったので日没とともに撤収して宿へ。
          今日のお宿は「ワイン民宿 鈴木園」。
          勝沼には宿泊施設が少ないのですが、ダンナの上司の方が電話を掛けまくってくれて予約できた素敵な宿です。
          お子さん連れには厳しいですが、昔の蔵を改装した部屋にはTVも電話もなく、静かな時間を過ごせる宿です。



          宿の中庭からおまつりの花火と鳥居焼きが見られました。


          お祭りで忙しく、この日は宿で夕飯が用意できないと言う事だったので、酔い覚ましに夜道を歩いて「セパージュ」というフレンチに行ってみました。
          ここがなかなか。
          メニューは3700円のおまかせだけでしたが、お味が繊細で美味しかったです♪

          <前菜> キッシュ


          <お魚> スズキのポワレ

          スズキの皮がカリカリで身はふわふわ。
          周りのトマトのソースがほんのり酸味が効いていて、さっぱり食べられます

          <お肉> 信玄豚の煮込み


          柔らかく煮込んだ後にオーブンで焼いているのか、表面はカリカリ。
          付け合せのじゃが芋とよく合います

          <デザート>
          プディングとヨーグルトのアイスクリーム


          甘さ控えめで、幾らでも食べられちゃう感じ☆

          お店は少し高台にあるので、勝沼の夜景を見ながら美味しいお食事を楽しめました。
          流石にお店ではワインは頂けず、お水でした。

          ミサワワイナリーのレストランも美味しかったですが、ワインの美味しい所には美味しい食事もあるんですね〜

          今回のお土産。

          天然酵母のパン、ルミエールで購入したべりーAの葡萄、朝市で購入した卵(鵜骨鶏の卵3コと地鶏の卵3コで400円!)、朝どりの椎茸

          そしてワイン。

          左から
           ・1990年の古酒  大泉葡萄酒  これで1000円! シェリーのような味わい
           ・Black Queen  ルミエール
           ・南野呂 1升瓶 ルミエール
           ・フルボディーの赤ワイン 1升瓶 民宿鈴木園(キャップにGRACEとあったので、もしかして中央葡萄酒??)
           ・甲州種のシュールリー 民宿鈴木園(丸藤葡萄酒)
           ・甲斐ノワール 中央葡萄酒

          鈴木園のラベルが素敵なんですよ〜
          私の超お気に入り♪
          ご主人のお手製で、プリントゴッコを使用して作られたとか。



          高速が空いていれば2時間強でついてしまうので、リピーターになってしまいそうです。
          おそるべし、勝沼。
          posted by: piano-piano | 旅行記 | 16:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          信州のお勧めスポット
          0
            残暑お見舞い申し上げます。

            朝夕の吹く風が幾分心地よくなってきましたが、皆様はいかがお過ごしですか?
            私は9日から2泊3日で蓼科・山中湖ドライブ旅行に行ってきました。
            お勧めの宿やワイナリーなどがありますのでご紹介しますね。

            先ずは宿。
            ステラ蓼科」という宿だったのですが、お値段が安いのに、綺麗だし、食事は美味しいし、露天風呂は付いているし・・・
            完璧なんですよ〜

            四季倶楽部」という会社が運営しているのですが、会社の保養施設で空いているお部屋を1泊朝食つきでオールシーズン5,250円で提供してくれているのです。
            全国で23の宿泊施設があるのですが、夕飯は施設によって多少の違いはあるものの、ほとんどが3,150円。
            メニューは地元の郷土料理などが出てくるようですが、私が滞在した蓼科ではこんなメニューでした。  

              ・若鮎の南蛮漬け ところてんを添えて
              ・地元農家の野菜盛り合わせ  (なんとお替り自由!
              ・大岩魚のお刺身
              ・豚しゃぶ野菜鍋 信州生蕎麦を添えて
              ・虹鱒の塩焼き
              ・うなぎ饅頭
              ・舞茸御飯
              ・野沢菜松前漬
              ・デザートとコーヒー

              追加で馬刺し(一人前1,050円)

            カメラを部屋に置き忘れて写真で紹介できないのが悔やまれるのですが、喉の渇きには勝てず・・・ 一気に飲みモードに入ってしまいました。
            食事はどれもこれも美味しくって、お酒が進む進む(笑)。
            6人で行ったのですが、皆さん私以上の?酒豪。
            500mlのハートランドビール7本とフランスワイン赤白2本づつ。
            しかも食後に部屋で持ち込んだ缶ビールとワイン2本を空け・・  恐ろしいでしょ・・

            翌日のチェックアウトで酒代をいくら請求されるか不安だったのですが、これがまたビックリで、ビールが1本315円、ワインが1本1,575円。
            これってスーパーで購入する価格ですよ〜〜
            あまりの安さにダンナと笑いが止まらない感じでした。

            「四季倶楽部」は会員登録や年会費などありませんので、誰でも気軽に利用できるんですよ。
            皆さんも次回のご旅行の際に利用されては如何でしょう。
            お勧めです!
            HPはこちらから

            そして、ワイナリー。
            以前から日本のワインは気になっていたのですが、甘いという印象が強く、なかなか美味しいワインに巡りあえていなかったのです。というか、そんなに飲んだ事も無かったのですが・・・
            最近の日本のワインは辛口で美味しい物が増えてきたらしいので、通過する山梨で是非ワイナリーに行きたいと思い、日本のワイナリーに詳しい生徒さんにお勧めのワイナリーを教えてもらいました。
            それが「ミサワワイナリー」。

            特に予備知識も無く、とりあえずブドウ畑見学・醸造所見学・テイスティング4種の「ワイナリーツアー」(1人1,000円)を申し込んで行ってきました。
            副社長の方がガイドしてくださったのですが、整然としたブドウ畑の景観にまず圧倒され、副社長さんのワイン造りにかける熱い思いに感動したツアーでした。
            もちろんワインも美味しかったですよ。
            ワイナリーツアーについては、別ログで詳しくまとめますね。

            ツアーの前に隣接するレストランで食事をしたのですが、ここの食事もGood♪
            私は黒板に書かれていた本日のお勧めの「トリッパ」を頼みました。

            柔らかく煮込まれていたのですが、ちょっとモツ系のくせが残っていたのが残念。
            ダンナはサラダブッフェ付きのハヤシライス(2200円)を頼んだのですが、これば絶品!

            サラダブッフェは今月末までの限定のようですが、ハヤシライスはピカイチですよ〜

            私はレストランでもテイスティングでもワインを沢山頂いたのですが、運転手のダンナはお預け状態。
            3種類のワインを買ってきたので、今月末に教えてくれた生徒さんと一緒に試飲会です。楽しみ〜♪♪

            posted by: piano-piano | 旅行記 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
            シチリア滞在記がやっと完成しました〜
            0
              みなさ〜ん、大変お待たせしました!!
              やっと昨年11月のイタリア滞在記が完成しました。

              年末・年始、そして1月と、何だかんだと忙しく、イタリアから帰ってきて2ヶ月も経ってしまいました。(汗)

              生徒さんからは結構せかされちゃったりもしたのですが、それだけ皆さん楽しみにしていてくださると思うと嬉しいですっ!
              そして・・・ 2月のレッスンに間に合って良かった。 ホッ。

              お暇な時にでも読んでくださいね。 → シチリア・トラーパニと南イタリアの旅


              今年の予定。
              出来れば9月から11月の間でアルバのトリュフ祭りに行きたいなぁ〜 なんて思っています。
              シチリアのREIさんがガイドしてくださるそうなので、良かったらどなたかご一緒しませんか?
              トリュフ祭り(出来ればトリュフ狩りも・・)、マンマの料理教室、カンティーナ(ワイン醸造所)見学などが出来れば、と思っています。
              posted by: piano-piano | 旅行記 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              3連休は札幌の雪祭り
              0
                連休があるとなぜか突然旅に出たくなる。
                今回はソウルに行きたくなったのですが、1月末では無料航空券用の座席はどのクラスも全て満席。
                それでも諦められず、JALのおともdeマイル(1人が1万マイル、同日程の同行者は通常より安い運賃)を利用して、札幌の雪祭りに行ってきました。

                生徒さんに札幌出身者の方が何人かいたので、早速美味しいお店の情報収集。食通の方ばかりなので、ガイドブックに載っていない美味しくて安いお店の情報を沢山頂きました。

                新千歳空港着は17時半過ぎだったのですが、先ずは電車に乗る前に空港のお土産物屋で「じゃがポックル」探し。
                やっぱり売り切れていて、何処にもありませんね〜

                そして電車ですすき野のホテルに向かい、荷物だけ置いて直ぐに予約してある「居酒屋てっちゃん」に。
                予約時に舟盛りを頼むかどうか聞かれたのですが、この舟盛がお店の一押し。
                なんてったって、ボリュームが凄い!  そして、美味しい!!!


                底には昆布とつまが敷いてありましたが、ほとんどかさ上げなしの状態。
                ウニ、白子、牡蠣、帆立、甘海老、ホヤ、くじら、鯵、〆サバ、イカ、活タコ、エンガワ etc・・
                色々な種類の新鮮なお刺身が、これでもかっ! というほど載っていて、1人1575円。
                食べても食べてもなかなか減りません。

                ポン酢やお醤油で食べているとちょっと味が単調気味になったので、手巻きセット(ご飯と海苔)を頼みましたが、これが315円。
                そして野菜物が欲しくなったのですが、舟盛を頼んだ人はサラダが無料!
                何から何までビックリ!

                お酒が入ると大食漢の我が夫婦でも、流石にこれだけの量のお刺身は食べきる事は出来なかったのですが、食べきれない人にはお刺身を炒めてお持ち帰りさせてくれると言うサービスまであるようなんです。
                私達は風味が変れば残ったお刺身も食べられそうだったので、炒めに向きそうなお刺身を残して、刺身炒めを注文。

                ちょっとピンボケ。

                オリーブオイルで炒めてあるそうですが、塩・胡椒が効いていて、これがまた美味しかったんですよ〜♪
                完食です!
                お刺身でお腹いっぱいになったのは生まれて初めてでした。

                生ビール2杯、刺身の舟盛、手巻きセット、熱燗4合、お通しで8000円ちょっと。安いですね。

                ライトアップした雪像や氷像を見ていたらお腹がこなれてきたので、2時間後には味噌ラーメンを食べてホテルに帰りました。

                2日目の朝はホテルの部屋で珈琲だけ。そしてお昼はスープカレーの「ピカンティ」へ。
                ココは数人の方のお勧めのお店です。
                開店時間の11時半過ぎにはお店についたのですが、既にお店の外にも待ち行列が。
                30分待ちと言われたのですが、結局1時間待ちでした。

                濃い目のスープで辛さは普通の2番を注文しましたが、結構マイルドな味わいでした。
                私が初めてスープカレーを食べたのは、渋谷東急の北海道物産展に出ていたマジックスパイスで、辛さは何を血迷ったか「涅槃」。
                頭に刺激が走るほどの辛さだったのですが、辛いけど美味しい!
                忘れられない味になっていたのです。 と言いつつ、翌日お腹を壊しました(笑)
                マジックスパイスに比べるとピカンティのはカレー自体の味がしっかりしていた感じでした。札幌の方に大人気の味なので、これが本物のスープカレーなのですね。


                午後は札幌大学、北海道庁旧本庁舎、雪祭り見学。
                そして4時からロビンソンで販売される「じゃがポックル」を購入する為に、3時半から並びました。
                空港では1人限定3箱なのですが、ロビンソンは1人1箱。凄い人気ですね・・
                お店のおばちゃんが、「4時10分ぐらい前に来れば買えるわよ」とこっそり教えてくれたのですが、念には念を入れて早めに行って10番目。4時10分前でもギリギリで買えた様です。

                流石に歩きつかれたので、夕飯までホテルで休憩。
                ダンナは爆睡していました。

                そして夜は塩ホルモンで有名な「炭や」へ。
                最初はジンギスカンを食べようと思っていたのですが、ホルモンの美味しいお店があると教えてもらい、ホルモン好きとしては、ジンギスカンよりホルモンでしょ!
                予約していた7時ぐらいには10人ほどの列が出来ていました。

                7時だと言うのに塩ホルモンは既に売り切れ! でも、上ホルモンがあったので良かったぁ♪


                一皿が500円しないので、上ホルモン、サガリ、アカセン、ヒゾウ、生ラム・・ 一気に凄い量のお肉を注文してしまいました。
                そのため、運ばれてきたものがどの部位だか判らなくなってしまったのですが、どれも美味しかったです。
                〆はサッパリと海老の塩焼きと焼きおにぎり。


                途中から煙で目が痛くてちょっと辛かったのですが、美味しかったので我慢できました。

                お肉5皿と海老、サラダ、サンチュ、キムチ、飲み物3杯で4910円。
                今日も激安で満腹です。

                食後は夜景を見に”もいわ山”に行こうとも思ったのですが、時間的に間に合わなかったのでJRタワーに変更。
                折角ならちょっとお洒落にと、生徒さんお勧めの日航ホテルのバーへ。
                夜景を観ながら20代の頃に良く飲んでいたアレキサンダーとXYZを頂き、とっても幸せな気分でした。


                おつまみに頼んだレーズンバターが美味しかったので、北海道のメーカだと思って聞いてみたら、「小岩井農場のです・・」とオチがついたのが楽しかったです。

                最終日、13時の飛行機だったので9時にホテルをチェックアウトし、空港のそばにある「千歳アウトレットモール・レラ」へ。
                イタリアのインテリアショップ「VICEVERSA」が入っていたので行ってみたいと思ったのですが、関東近郊のアウトレットよりどのお店も品揃えが充実していたように思います。
                もしかして穴場??
                空港まで無料のシャトルバスが出ていて、10分で着いてしまうので、ギリギリまで遊んでしまいました。

                今回の旅はトラブルも無く、美味しいものをたくさん頂き、充実した旅でした。
                雪祭りと言うよりも、食い倒れ日記ですね・・
                posted by: piano-piano | 旅行記 | 23:17 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                シチリアのアーモンド菓子 フルッタ・マルトラーナ
                0
                  シチリアはアーモンドの産地として有名で、ドルチェや料理にアーモンドを使ったものが沢山あります。

                  その中で一番有名なのがアーモンドとお砂糖で作った伝統菓子
                  Frutta Martorana(フルッタ・マルトラーナ)


                  本物の果物みたいでしょ♪
                  細かいところまで精巧に作られているんですよ〜 
                  (右から時計回り)桃?、苺、完熟の桃?、レモン、サボテンの実

                  フルッタは果物、マルトラーナは修道院の名前。
                  12世紀にパレルモのマルトラーナ修道院で考えられたマジパンのお菓子で、修道院の名前がそのままお菓子の名前になったそうです。

                  イタリアでは11月2日を「死者の日」として日本のお盆のように死者を弔うのだそうですが、その時のお供え物?がフルッタ・マルトラーナだとか。

                  シチリアを旅するとどの街でも見られるお菓子ですが、私が購入したのはエリチェという街にあるパスティッチェリア Maria Gramatico(マリア グラマティコ)
                  トラーパニでお世話になったREIさんが働いていたお店なのですが、フルッタ・マルトラーナでとても有名なお店なのだそうです。
                  帰国してから今年購入した雑誌を見直したらしっかり載っていました。
                  勉強不足・・


                  パッケージも素敵ですね☆

                  お砂糖たっぷりなので、一度に沢山の量は食べません。
                  うすーくスライスして頂きますが、これがマジパンと言って侮ってはいけません!
                  アーモンドの味がして美味しいのです♪

                  実は甘すぎるんじゃないかと余り期待していなかったのですが、予想外の美味しさにビックリ。
                  見た目もとっても可愛かったので、お土産に買ってきました。

                  これはレモン型のフルッタ・マルトラーナをカットした所。


                  日持ちするお菓子なのですが、流石に来年のレッスンまでは無理。
                  12月に過去レッスンを受講される生徒さんにだけお味見でお出ししていまーす。
                  posted by: piano-piano | 旅行記 | 12:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  3日の夕方にイタリアから帰国しました!
                  0
                    ただいま〜☆
                    2週間の料理修行を終え、3日の夕方に帰国しました!

                    渡伊11回目にして初めてストライキに遭遇したり、帰りのローマ−成田便が機体不良でキャンセルになったり、飛行機にはちょっと悩まされましたが、沢山の素敵な人と出会い、美味しい料理を勉強し、素晴らしい思い出が沢山出来ました。
                    本当に感謝の気持ちでいっぱいです。(涙)

                    お世話になったのに、色々な方に素敵なお土産を沢山頂きました。

                    左から
                    プーリアのおじいちゃんの自家製出来立てオリーブオイル
                    シチリアのオリーブ工場でもらった今年の出来立てオリーブオイル
                    テラコッタのすり鉢
                    オリーブの木のまな板
                    パスタ
                    栗(袋の中が生、外に出ているのが焼き栗)

                    そして私の購入した土産物。

                    料理道具や食材多数。
                    ニョッキの板もありましたよ〜!!

                    皆さん、右端のプラスチックの入れ物が何か判りますか〜?
                    プーリアの美味しい赤ワイン5リットルでーす。
                    お値段は6ユーロ。なんと日本円で約1000円。
                    こんなお値段でも美味しいんですよ〜 ふふふ☆

                    今年から液体はスーツケースに入れなければいけないのでワインは諦めていたのですが、プーリアのMakiさんが「アルミパックならいけるわよ〜」と教えてくれたので、お勧めのワインを6リットルお願いしていたのです。
                    アルミパックが無くなってしまったという事で、5リットルのプラスチック容器のものを1つ持ち帰ってきましたぁぁぁ。

                    行きの荷物を極力減らしたはずが何故か23kg。
                    帰りはナント29.5kg。しかも手荷物が7.8kg。
                    相変わらずの大荷物です。

                    空港では超過料金を取られないかドキドキしていたのですが、以外にもあっさり通ってしまいました。
                    良かったァ〜

                    HPの滞在記をまとめるにはチョット時間が掛かりますが、ブログで少しづつご紹介して行こうと思いますので、お楽しみに〜♪
                    posted by: piano-piano | 旅行記 | 20:24 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                    ボローニャ滞在記をまとめました!
                    0
                      いつもブログをご覧頂き、有難うございまーす!
                      やっとの事でボローニャの滞在記をまとめましたので、良かったら読んで下さいね。
                        ピアノ・ピアーノ ボローニャ滞在記

                      結構長い文章なので、お時間があるときでないと厳しいかも。。 (^^;
                      特にスローフードを巡る旅は頑張ってまとめましたので、そちらだけでも読んでいただけると嬉しいです。

                      スローフードを巡る旅
                      ・パルミジャーノ・レッジャーノ  CASEIFICIO COMUNALE CASTELETTESE
                      ・クラテッロ  SALUMIFICIO CACCIALI GRAZIANO ZIBELLO
                      ・バルサミコ酢  ACETAIA PEDRONI
                      ・カンティーナ  CESARI CASTEL SAN PIETRO

                      posted by: piano-piano | 旅行記 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |