Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
イタリア野菜のABC(アービーチー)
イタリア野菜のABC(アービーチー) (JUGEMレビュー »)
長本 和子
イタリア野菜が写真入りで紹介されていて、とっても綺麗。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
仕事納め
0
    本日で今年のレッスンが全て終了しました。
    沢山の生徒さんに通って頂きまして、有り難うございます。

    旅行記を仕上げるはずが…

    パソコンのハードディスクが壊れ、年末年始は復旧作業におわれそうです。(泣)

    来年は4月にお教室開講10周年を迎えます。
    そして人生も半世紀となります。

    区切りの年、新たな企画も考えていますのでお楽しみに。


    今年も残すところあと2日ですが、皆様どうぞ良いお年をお迎えください。


    posted by: piano-piano | 料理教室 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    クロスタータを作りました
    0

      イタリアで朝食にも食べられているドルチェ「クロスタータ」を作ってみました。

      材料は



      薄力粉、バター、砂糖、塩、卵に好きなジャム。

      キッシュの生地を作るようにバターを溶かさずに薄力粉とサラサラの状態に混ぜ合わせたいので、あっという間に出来るBOSCHのブレンダーを使用しました。



      1分も掛からないで生地が完成。



      ラップをして冷蔵庫で冷やします。
      型に入れてジャムを塗り・・・

      180℃のオーブンで25分焼くと完成。


      試作の為にジャムとイタリア人の大好きなヌテッラのハーフ&ハーフ。
      来年のドルチェのレッスンはこれに決まりです。

      posted by: piano-piano | 料理教室 | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      初めての叉焼包作り
      0

        4月に中華街の馬さんのお店の料理教室で叉焼包を習ってきました。
        なかなか時間がなくて復習できずにいたのですが、材料をそろえてやっと作ってみました!

        まずは材料。



        手前の粉類は生地になる薄力粉、強力粉、ラード、ベーキングパウダー、砂糖、塩。
        レッスンではドライイーストを使用したのですが、私は水に溶かした生イーストを使いました。

        奥は中に入れる餡。
        叉焼を5mm角に切って、叉焼醤とお水を入れて煮詰め、片栗粉でとろみをつけました。
        叉焼用の醤があるのなんて初めて知りました。


        本当は手でしっかり捏ねたのですが、イタリアンのパン生地よりも水分が少ないので、捏ねるのに結構力が要ります。

        という事で、今回はハンディミキサーが登場です。

        BOSCHはパワーがあって1回の稼働時間が長いので、しっかり捏ねたい時に便利ですね〜
        生地がひとまとまりになるまであっ・・・という間でした。



        来月のレッスンではピザ生地を作る予定ですが、多分暑くなるし、お教室でもミキサーを使ってしまおうかしら。
        生徒さんの喜ぶ姿が目に浮かぶなぁ。

        生地が出来上がったら、棒状に延ばし、1個分の大きさにカット。
        真中に厚みを残すようにして麺棒で丸く延ばしていきます。



        餡を包んで・・・
        ってこの作業が一番難しい所。
        時間が経ってすっかり忘れてしまいました。

        何となく思い出しながら包んだのがこんな感じです。


        やっぱりヘタクソ・・

        念のために言っておきますが、叉焼包は真中が空いているのが正解なんですよ〜
        10分蒸籠で蒸したら、綺麗に膨らんでくれました♪



        正解だけど、右のは真中が開き過ぎ。(汗)
        切ってみるとこんな感じです。



        叉焼醤が馬さんのお店のよりも甘かったのか、ちょっと濃い味でしたが、初めてにしては上手く出来ました。自画自賛。

        パスタやパン作りと似ている点があるので、点心作りも結構楽しいです。
        もう一度形成方法を習いに行って、美しい叉焼包目指してリベンジします!

        馬さんの料理教室は1回で3品作りましたが、試食の時にはお店からスープやデザートが追加されて、3000円の受講料では申し訳ないぐらいでした。
        お勧めのお料理教室ですよ。

        posted by: piano-piano | 料理教室 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        濃厚ムール貝のトマトパスタ
        0

          今月のプリモは、リグーリアのシリョーラから教えてもらったムール貝のトマトソースパスタです。
          まだ半分のレッスンが残っていますが、ちょっとだけ作り方をお教えしちゃいます。

          お掃除したムール貝を蒸して、殻から身を取り出します。
          そして半分を微塵切りに。  ←ここがポイント

          包丁でも構いませんが、レッスンではBOSCHのコードレス・ハンディブレンダー「mixxo(ミクソー)」を使用しています。






          パワーもあるのでミンチ状になるのもあっという間。
          コードレスなので、使いたい所で直ぐに使用できるのが便利です。

          トマトソースと煮込むと濃厚なムール貝のソースが出来上がり♪




          ソースがしっかり味なので、今回はスパゲッティをあわせました。
          とっても美味しいですよ〜



          posted by: piano-piano | 料理教室 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          特別レッスンを行いました
          0

            10日の日曜日にたまプラーザにあるProtagonistaイタリア語語学スタジオの生徒様向けの特別レッスンを行いました。

            外部から依頼を受けるのは初めてだったので、10日の日曜日までの1週間はソワソワしっぱなし。
            いつもより大人数のレッスンになるので、準備や手順を頭の中で繰り返し反復。

            気分的に落ち着かなかったので、今月のメニューがのびのびになってしまいました。
            (言い訳です・・・  済みません

            当日はProtagonistaの生徒さんと引率の先生と可愛い女の子の総勢7名でレッスンを行いました。
            課題は残るものの、何とか無事にレッスンを行うことが出来ました。
            皆さんに満足していただけたかとても心配だったのですが、美味しかったと言ってくださったので一安心です。
            ご紹介してくださった生徒さん、本当に有難うございます!

            詳細はProtagonistaイタリア語語学スタジオのHPに綺麗な写真付きで紹介していただいているので、是非ご覧下さいね!

            posted by: piano-piano | 料理教室 | 02:04 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            BOSCHコードレス・ハンディブレンダー(mixxo)のコラボレッスン
            0

              先月お越しいただいた生徒さんにはお知らせしていましたが、今月はBOSCH(ボッシュ)のコードレス・ハンディブレンダー(mixxo ミクソー)のコラボレッスンを行います。

              以前からハンディータイプのブレンダーの買い替えを検討していて、コードレスタイプのBOSCHか、皆さん良くご存知のメーカーのものか考えていたのですが、今回BOSCHのコードレスブレンダーのコラボレッスンのお話を頂き、飛びついてしまいました。

              レンタル器としてお借りしたのがこちらです。



              充電式なので重たいかなぁ〜と思っていたのですが、なかなか軽量で扱いやすいですよ。
              コンセントの事を気にせずに使えるので、教室ではとても有難い存在です。

              今年中に購入するとホイッパーがプレゼントされるというキャンペーンをやっているらしく、今回のレンタル器にはホイッパーもついてきました。
              今までは生徒さんに頑張って泡立てて頂いていたので、このおまけは私より生徒さんの方が嬉しかったりして・・




              今月はハンディーブレンダーを活用できるレシピを考えて、「ほうれん草のタルト」と「栗のスープ」にしましたが、せっかくホイッパーがついてきたのでドルチェを追加した方が良いかしら??

              参考までにホイッパープレゼントキャンペーンの詳細はこちらをご覧下さいね。

              posted by: piano-piano | 料理教室 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              イタリア料理研究家認定試験のご案内
              0

                一気に涼しくなりましたが、皆さんは体調など崩されていませんか?
                今日はイタリア料理研究家認定試験のご案内です。

                日本において”イタリア料理を正しく伝えましょう”と言う趣旨で設立された「イタリア料理教室協会」が毎年1回行っている認定試験なのですが、1級、2級、3級の3つのレベルがあります。

                1級と2級は認定校でのレッスンが必須なのですが、3級は受験の前提条件が無く、趣味の範囲で取れるものです。
                生徒さんには大々的に宣伝していませんでしたが、今年協会の認定校の資格を取得しました。
                そして、1級の受験を前提とした郷土料理コースを先月から開講しています。

                私の教室は郷土料理中心で、レッスンで毎回色々な情報をお伝えしているので、長く通っていただいている生徒さんは色々な知識をお持ちですよね。
                あとはイタリアの地図を覚えて、過去問をやっていただければ合格できるのではないかと思います。

                今週の7日が受験申込みの締め切りですが、興味のある方は3級にトライされては如何ですか?
                詳細はイタリア料理教室協会のこちらのHPをご覧下さいね。

                先に言っておきますが・・
                認定校のページに写真付きで紹介されていますが、6年前のものです。
                見つけた方に「先生! 顔が違う!!」と、指摘されていますが、ちょっとでも若く見せようかと・・

                すみません。

                posted by: piano-piano | 料理教室 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                イタリアワインセミナー テーマは「泡モノ」
                0
                  第4回イタリアワインセミナーを開講します。

                  7月7日(木)11時〜13時半  
                  7月9日(土)17時〜19時半  

                  テーマはイタリアの泡モノ

                  白・赤・ロゼ・甘口など、色々取り揃えてご紹介する予定です。
                  今回は食べ合わせのお勉強はちょっとおいて置いて、気軽にワインを楽しんでいただこうと思っています。
                  でも、イタリアの泡モノ事情などワインのお話はしっかりさせていただきますよ~

                  皆さんが酔っ払わないように、おつまみも用意しておきますので楽しみにしていてくださいね。
                  もちろん、泡モノにあわせたお料理のデモンストレーションもあります。
                  そんなにアルコールに強くない方でも、お勉強になるレッスンです。
                  飲める方は遠慮なく飲んでいってくださいね。(いつもの事ですが・・・笑)

                  お陰さまで土曜日は定員になってしまいましたが、平日はまだ空きがありますので、皆様からのお申し込みをお待ちしております。
                  会費は、

                  講習費: 6000円(会員)、6500円(ビジター)

                  です。

                  申し込みは料理教室のページの「お問い合わせ」からお願いします。  ピアノ・ピアーノ

                  posted by: piano-piano | 料理教室 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  3月のレッスンが終了しました
                  0

                    昨日で3月のレッスンが全て終了しました。

                    生徒さんのご家族で被災された方には、改めてお見舞い申し上げます。
                    微力ではありますが、今月のレッスン料の一部を義援金として寄付させていただきました。
                    一日でも早い復旧を心より願っています。


                    計画停電の影響でレッスン日が変更になったため、多くの生徒さんにご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
                    マンションのために停電が実施されると、ガス、水道、電話の全てが使用できなくなってしまいます。
                    普段の生活でこんなに電気が重要な役目を担っていたなんて知りませんでした。

                    多くの生徒さんが日常と異なる生活環境で色々ストレスを溜められているようですね。
                    私たちが元気になって被災地の方の応援が出来るように、頑張りましょうね。

                    4月のレッスン日が決まりましたが、まだ計画停電が続くようですので、影響が出そうなクラスには早めにご連絡を差し上げますので、宜しくお願いいたします。
                    参考までに、私は第5Dグループです。

                    来月のメニューに関しては、食材の品揃えがどうなるか判りませんのでしばらく保留にさせてください。
                    季節的にアサリを使ったお料理とその他2品を考えています。

                    posted by: piano-piano | 料理教室 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    仕事納め
                    0
                      21日、今年最後のレッスンが無事に終了しました。

                      最後のレッスンは私の大好きなトリッパのレッスン。
                      ホルモンヌの皆さんに大好評の味に仕上がり、私も大満足でした。

                      「トリッパ」とは、ハチノス(牛の第2の胃)をトマトソースで煮込むお料理。
                      料理名がトリッパですが、牛の内臓の事もイタリア語でトリッパ(Trippa)と言うようです。

                      美味しく仕上げるコツはハチノスの下処理です。
                      下処理で臭みを抜けば、まったくクセのないトロッと柔らかいトリッパに仕上がります。

                      今回のハチノスは初めて明治屋で購入しましたが、臭みも強くなく短時間で柔らかくなったので、これからはハチノスは明治屋のですね。
                      お値段も100g150円とお手頃です。

                      内臓つながりですが、フィレンツェでは内臓の煮込みをパンで挟んだモツバーガー(ランプレドット)が屋台で売られています。
                      色々な場所に屋台は出ていますが、判りやすいのは中央市場ですかね。

                      去年フィレンツェ滞在中に2度ほど食べたので、写真で紹介しますね。




                      このモツはハチノスではなく、薄切り肉のような感じです。
                      と思って色々調べたら、これは第4の胃で”ギアラ”と呼ばれている部位なんだそうです。


                      もう1ヶ所のは。。


                      こちらはバーガーではなく試食でお皿に盛ったものを頂いたのですが、辛味の効いたモツ煮込みのような感じ。

                      ハチノス、ギアラとも違い、日本で食べるモツ煮に使われている部位(腸?)のお味です。
                      一味をかけているので、本当に日本のモツ煮に良く似ています。
                      私はこちらの味の方が好きかな。
                      この屋台の場所は、共和国広場から歩いて5分、アメリカンエクスプレスの前。

                      フィレンツでは本当に色々な部位のモツを食べますね。
                      イタリア料理用語辞典にも内臓の部位は書いていないし、奥が深い!!
                      次回フィレンツェに行く時は、モツを極めねば。。
                      posted by: piano-piano | 料理教室 | 01:13 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |